仮説推論を用いた言語サービスの選択

後藤 真介  村上 陽平  石田 亨  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D   No.6   pp.1425-1432
発行日: 2013/06/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (インターネット技術とその応用論文特集)
専門分野: ネットワーク応用
キーワード: 
サービス選択,  QoS,  仮説推論,  評判,  

本文: PDF(784.1KB)
>>論文を購入


あらまし: 
翻訳サービスでは有用なサービスを選択する指標として翻訳精度が用いられる.しかしながら,翻訳精度に基づく有用性評価では,翻訳するテキストの内容(タスク)やユーザによってその評価値が異なるだけでなく,翻訳精度の測定コストも大きくなる.そこで,本論文では収集コストの比較的低い評判を用いたサービス選択手法を提案する.提案手法では,まず欠けている評判を推定するために,仮説推論を用いてユーザの能力,タスクの難易度,サービスの精度に関する順序関係を獲得する.次に,獲得した順序関係を用いて,演繹推論によりあるユーザがあるタスクにあるサービスを用いた際のサービスの有用性を推論する.最後に,提案手法に基づいた翻訳サービス推薦システムを開発し,その有効性について考察する.