Toulminモデルのベイジアンネットワーク表現を用いた論証推敲支援システム

宇都 雅輝  鈴木 宏昭  植野 真臣  
(システム開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D   No.4   pp.998-1011
発行日: 2013/04/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 教育工学
キーワード: 
Toulminモデル,  ベイジアンネットワーク,  アカデミックライティング,  論証推敲支援システム,  

本文: PDF(1.9MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,アカデミックライティングにおける論証の推敲を支援するシステムを開発する.従来の論証推敲支援システムでは,論証の規範モデルとして知られるToulminモデルにユーザの論証を当てはめ可視化する支援を行っていることが多い.しかし,論証の主目的である「主張」の正当化のためには,Toulminモデルへの当てはまりの良さよりも,文章間の因果の強さ,すなわち「論証の強さ」を重視した論証の推敲が重要である.論証の推敲では,論証構成が複雑になったとき,以下の問題が生じると考えられる.1. 「論証の強さ」を全ての文章間について評価することが困難である.2. 論証中の各文章がどの程度正当化できているかの推定が難しい.3. 「主張」の正当化に対して各文章がどのように影響しているかを把握することが困難である.これらの問題を解決するために,本論文では,Toulminモデルのベイジアンネットワーク表現を用いて,1. 論証の強さ,2. 文章の正当性,3. 主張への影響度,という三つの指標を算出し,その値に応じて論証改訂のためのアドバイスをフィードバックする論証推敲支援システムを開発する.