MR画像の位相ひずみに頑健な圧縮センシング

伊藤 聡志  中村 一喜  斉藤 文彦  山田 芳文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D   No.4   pp.803-812
発行日: 2013/04/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (医用画像論文特集)
専門分野: イメージング
キーワード: 
MRI,  圧縮センシング,  位相ひずみ,  スパース,  

本文: PDF(1.4MB)
>>論文を購入


あらまし: 
少数データから画像再構成を目指す圧縮センシング(CS)をMRIに応用する場合に,再生画像上に位相ひずみが存在する場合は画像の構造が複雑となるためにスパース性が低下し,圧縮率が低下する問題がある.また,我々が提案するFREBAS変換を利用したCSにおいて再生像が実関数との拘束条件を利用できる場合は,反復再構成の過程で誤差成分となる再生像の虚数部分をゼロデータに置換する処理によって再生誤差を減少させることができ,再生像の品質向上につながる.本研究では,信号収集において位相エンコード方向にランダムかつ原点対象な軌道を選択し,位相ひずみのある複素画像の実数部と虚数部のそれぞれを独立な実関数として再構成を行う方法について検討した.MRIで得られた位相ひずみ画像に適用した結果,再生誤差及び画像構造を評価する尺度であるPSNRとSSIMの観点から再生像の品質を改善することが実現できた.本研究によりMRIの位相ひずみ画像に頑健なCS再構成法を構築できた.