頭部回転運動を許した水平面音像定位実験中の被験者の頭部運動

森川 大輔  豊田 勇気  平原 達也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J96-D   No.3   pp.636-643
発行日: 2013/03/01
Online ISSN: 1881-0225
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (学生論文特集)
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
水平面音像定位,  頭部回転運動,  刺激音の帯域,  動的な音響的特徴,  

本文: PDF(1.1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
水平面から呈示された刺激音を定位するときに頭部回転運動を許すと,被験者がどのように頭部を動かすかを明らかにする.500 Hz以下の低域通過雑音,12 kHz以上の高域通過雑音,及び白色雑音を用いて被験者6名の実頭受聴での水平面音像定位実験中の頭部運動を計測した.その結果,刺激音の呈示された方向に頭部を向けるが,必ずしも音像を頭部の正面で捕らえるように頭部を動かすことはなかった.白色雑音に比べて,低域通過雑音,高域通過雑音を呈示した場合の頭部回転角は大きくなった.