共振器並列形回路の合成理論とパラメータ抽出法を併用した有極形多モードフィルタの設計法

青山 裕之  大平 昌敬  馬 哲旺  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J96-C   No.12   pp.471-479
公開日: 2013/11/13
Online ISSN: 1881-0217
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (大学発マイクロ波論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
共振器並列形回路,  入出力直接結合,  帯域通過フィルタ,  伝送零点,  

本文: PDF(1.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
マイクロ波フィルタにおいて入出力ポート間の直接結合を利用すれば,阻止域に伝送零点を生成できることはよく知られている.しかし,従来の入出力直接結合を利用したフィルタ設計では,入出力直接結合の定量的評価には最適化手法が必要であり,結合係数の符号が一意に決定できないといった問題があった.そのため,フィルタの回路合成理論に基づいた設計が行われていなかった.それに対して筆者らは,結合係数の符号も評価可能なパラメータ抽出法を提案してきた.本論文では,そのパラメータ抽出法と共振器並列形回路の合成理論を併用した有極形多モードフィルタの設計法を提案する.本手法を用いたフィルタの設計例として,デュアルモードループ共振器フィルタを用いて対称・非対称特性フィルタの設計,試作評価を行い,本手法の有効性を検証している.