無線電力伝送の送電距離に対する理論と技術

篠原 真毅  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J96-B   No.9   pp.881-893
発行日: 2013/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 招待論文 (ワイヤレスシステムを支える技術を融合するアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
無線電力伝送,  マイクロ波送電,  レクテナ,  フェイズドアレー,  カップリング,  

本文: FreePDF(2.4MB)


あらまし: 
19世紀末にPoyntingにより証明され,Teslaが夢見た「コードレスで電気が届く」世界が近づいている.理論的技術的には古くから実現可能であった無線電力伝送は,ユーザが要求するシステムと低コストを実現することがこれまでできず,商用化の展開は21世紀まで待たなければならなかった.無線電力伝送のキー技術の一つはアンテナ技術である.電磁誘導や共鳴(共振)送電ではコイルや共振器を用いるが,アンテナも広い意味では共振器であり,同様に考えられる部分も多い.本論文では電磁波を用いた無線電力伝送や共鳴(共振)というよく用いられる技術区分ではなく,受電整流回路との関係も考慮しながら,送電距離ごとに分け無線電力伝送の理論と技術を解説する.