電波伝搬特性を用いた位置識別に基づく相手認証方式の特性評価

笹岡 秀一  尾谷 尚宣  岩井 誠人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J96-B   No.8   pp.831-841
発行日: 2013/08/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 基礎理論
キーワード: 
情報セキュリティ,  相手認証,  走査アレーアンテナ,  位置指紋,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
無線通信おける「なりすまし」対策として,位置識別に基づく無線端末の相手認証がある.この相手認証において位置識別は,マルチパス環境における位置指紋の手法に基づく無線端末の位置推定法と類似の手法で行われる.位置識別に基づく相手認証方式の一つとして,アンテナパターン変化によりマルチパス到来方向に関係した受信信号強度変動を発生させるものが提案されているが,実環境下での特性評価が十分に行われていない.そこで,本論文では,アレーアンテナを用いてアンテナパターンを変化させる方式を対象とし,その基本特性を計算機シミュレーションと実環境下での実験で評価するとともに,実環境における無線端末の相手認証の実現可能性を明らかにする.