GLONASS信号におけるチャネル間バイアスの校正

山田 英輝  高須 知二  坂井 丈泰  久保 信明  安田 明生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J96-B   No.7   pp.793-801
発行日: 2013/07/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測,探査
キーワード: 
RTK,  GNSS,  FDMA,  

本文: PDF(1.6MB)
>>論文を購入


あらまし: 
GPSとGLONASSの併用により,衛星測位における利用率を向上させることができる.一方で,GLONASS信号間にはチャネル間バイアスと呼ばれるハードウェアバイアスが存在する.このチャネル間バイアスの影響により,異機種受信機間のGPS/GLONASS複合RTK測位においては,測位性能を劣化させてしまう問題がある.この問題を解決するためには,GLONASSの搬送波位相観測値に含まれるチャネル間バイアスを校正する必要がある.本論文では,ゼロ基線におけるGLONASSのチャネル間バイアスの校正手法の検討を行い,バイアスの校正がRTK測位の性能の改善にどの程度有効であるかを評価した.具体的には,ゼロ基線におけるバイアスの校正テーブル及び校正係数の算出方法を明らかにするとともに,これらの推定値の有効性について従来の測位手法との比較評価を行った.実験の結果,大部分の受信機間において,ゼロ基線による校正手法を適用することで,GPS/GLONASS複合RTK測位の利用率が大幅に改善することを確認できた.