乗換駅での対面乗り継ぎ可能な列車組合せ数の最大化を目的とした列車への発着プラットホーム自動割当

脇坂 賢  増山 繁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J96-A   No.9   pp.614-622
発行日: 2013/09/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: システムと制御
キーワード: 
スケジューリング,  最適化,  鉄道システム,  列車発着プラットホーム割当問題,  

本文: PDF(464.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
列車の発着時刻が与えられたときに,各々の列車にどのプラットホームを利用させるかを決定する,列車発着プラットホーム割当問題は,欧州で盛んに研究されている.しかしながら,日本とは鉄道の運営スキームが異なり,利用者の利便性向上を目的とした研究事例は見当たらない.利用客の立場で考えるとき,列車の乗り継ぎに関して,特に階段移動を伴うような乗り継ぎは好ましいものではない.そこで我々は,利用客の乗り継ぎに関して同一の面上のプラットホームで乗り換えが可能である列車組合せを最大とするような発着プラットホーム割当問題について定式化し,博多駅,及び,新大阪駅の新幹線ホームの実例について計算実験を行った.