ポートフォリオ構築問題における非線形予測モデルの活用

猪瀬 悟史  鈴木 智也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J96-A   No.7   pp.410-422
発行日: 2013/07/01
Online ISSN: 1881-0195
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 非線形問題
キーワード: 
線形予測モデル,  非線形予測モデル,  ポートフォリオ理論,  金融工学,  

本文: PDF(885.6KB)
>>論文を購入


あらまし: 
マーコビッツの平均分散モデルでは,過去の収益率変動に基づいて確率分布を作成し,その平均値と標準偏差によって期待収益率とリスクを推定している.しかし実際の経済市場は複雑であるため,平均値を将来値とするような予測モデルが実用的であるとは考えにくい.そこで本研究は,より高次の非線形時系列予測モデルによって得られた予測値を期待収益率とみなすことで,推定精度の向上を実現した.しかし期待収益率の推定方法の変更により,リスクの定義に不一致が生じたため,本研究では経験的な予測誤差に基づいてリスクを算出した.この有用性を検証すべく,実データを用いた投資シミュレーションを行った結果,従来の平均分散モデルよりも高収益かつ安全に投資を実現できたので報告する.