多値二次元コードにおける高階調度認識アルゴリズムの提案

遠藤 祐介  廣友 雅徳  佐治 勇樹  渡辺 優平  森井 昌克  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J95-D   No.11   pp.1935-1943
発行日: 2012/11/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像・映像処理
キーワード: 
多値二次元コード,  QRコード,  符号化変調,  自動認識,  

本文: PDF(812.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
QRコードに代表される二次元コードが携帯電話に実装され,情報を認識する様々な用途に用いられている.近年その記録情報密度向上の要求から,従来2値化されたモジュール(セル)の状態を多値化する研究が行われている.しかしながら多値化することにより,印刷やディスプレイ上での高階調度の投影のみならず,高階調度での認識が要求され,そのための認識アルゴリズムが希求されている.本論文では二次元コードにおいての誤り訂正符号を利用した符号化変調方式による高階調度認識アルゴリズムを提案する.特にQRコードを多値化し,1モジュール当り32値以上を識別できる高階調度認識アルゴリズムを与える.従来,二次元コードにおいて32値以上を識別できる現実的な方法は与えられておらず,他の多値二次元コードと比較しても十分優れていることを示す.また本アルゴリズムは多値化する二次元コード一般について適用可能である.