セルラシステムにおけるMIMOを用いた位置推定法

藪 智文  原 晋介  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J95-B   No.9   pp.1197-1209
発行日: 2012/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測,探査
キーワード: 
MIMO,  TOA,  TDOA,  NLOS,  位置推定,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
セルラシステムにおいて複数本のアンテナを同時に用いるMIMO (Multiple-Input Multiple-Output)技術を用いると,MS(Mobile Station/移動局)-BS(Base Station/基地局)間の距離を同時に複数回測定することができる.したがって,MIMO技術をネットワークベースの位置推定法に適用することで,位置推定精度の向上が期待できる.本論文では,従来のTOA (Time Of Arrival)とTDOA (Time Differences Of Arrival)による位置推定法の推定精度を向上させるMIMOを用いた手法として,Minimum Selection Methodを提案する.