帯域通過雑音による水平面音像定位

森川 大輔  平原 達也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J95-A   No.4   pp.337-342
発行日: 2012/04/01
Online ISSN: 1881-0195
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 騒音,振動
キーワード: 
音像定位,  定位精度,  帯域制限,  帯域通過雑音,  

本文: PDF(1.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
本論文では,水平面音像定位実験をラウドスピーカから刺激音を呈示して頭部静止条件で行い,水平面音像定位に必要な周波数帯域を明らかにした.8名の被験者が白色雑音(0.1~20 kHz)とそれを帯域フィルタ(2-12,4-12,2-8,2-4,4-8,8-12 kHz)に通した帯域制限雑音についてそれぞれ定位実験を行った.その結果,2~12 kHzの周波数帯域が含まれていれば音像定位正答率の平均値は90%以上で,白色雑音と同程度に音像定位ができることが分かった.