Webアプリケーションユーザの利用を妨げないWebブラウザの余剰リソース活用手法

中野 雄介  近藤 悟  森谷 高明  大西 浩行  赤埴 淳一  寺西 裕一  西尾 章治郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J94-D   No.5   pp.780-790
発行日: 2011/05/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (サイバーワールド論文特集)
専門分野: データ工学,Web情報システム
キーワード: 
グリッドコンピューティング,  デスクトップグリッド,  RIA,  

本文: PDF(621.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ネットワーク上の複数PCの計算リソースを用いるグリッドコンピューティングに関する研究が行われてきた.特に,Webブラウザを介して計算リソースを利用することで,より多くのPCの計算リソースを利用できる有効な手法がある.しかし,PCの負荷を考慮せずにリソースを利用するため,ユーザのWeb閲覧を妨げる可能性がある.加えて,計算対象がXMLのような複雑な構造をもち,問題分割の時間を考慮する必要がある場合,効率的に計算できないと考えられる.本論文ではこのような課題を解決する,Web閲覧者のPCの余剰リソースの効率的利用の手法を提案する.本手法はWebブラウザの負荷に応じて計算速度を動的に変化させることで,ブラウザユーザのWebページ閲覧に対する影響を考慮した計算を行う.これにより,Webアプリケーションを提供するために必要なリソースを,Webアプリケーションユーザ自身から収集することが可能となる.また,計算対象問題の分割に掛かる時間を考慮した効率的な問題の分配を実現する.