語の共起情報を用いた対話における盛り上がりの自動判定

稲葉 通将  鳥海 不二夫  石井 健一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J94-D   No.1   pp.59-67
発行日: 2011/01/01
Online ISSN: 1881-0225
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション~人間中心の情報環境構築のための要素技術~論文特集)
専門分野: ヒューマンコミュニケーション基礎
キーワード: 
対話,  語の共起,  CRF,  非タスク指向,  

本文: PDF(247KB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,人間と対話を行うコンピュータ(対話エージェント)に関する研究が活発化している.しかし,その多くはチケット予約や道案内など特定のタスク達成を目的としたタスク指向型対話エージェントに関するものであり,人間と雑談を行い,話を盛り上げるための非タスク指向型対話エージェントの研究は少ない.話を盛り上げ,相手を楽しませる対話エージェントの設計のためには,人間同士の対話の分析が必要不可欠である.そこで本論文では,人間同士のテキスト対話中における,話者の盛り上がり度の高い発話をCRF (Conditional Random Fields)を用いて自動判定する手法を提案する.本手法では,大規模コーパスから獲得した共起情報を用いて,発話と発話の間の意味的なつながりの強さを抽出し,これを素性の一つとして用いた.実験の結果,提案手法は人手による評価に準ずる性能を示すことを確認した.