DOA-Matrix法とSAGEアルゴリズムを併用した複数の近傍波源の位置推定

菊間 信良  山下 祐希  平山 裕  榊原 久二男  
(アンテナ・伝播研究専門委員会推薦論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.9   pp.1046-1055
発行日: 2011/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (高度で多様化する無線通信を支えるアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: 無線システム
キーワード: 
波源位置推定,  近傍界,  アレーアンテナ,  DOA-Matrix法,  SAGEアルゴリズム,  

本文: PDF(937KB)>>
論文を購入




あらまし: 
無線通信において,周囲の状況や環境に応じて電波伝搬構造を詳細に把握するには,アレーアンテナを用いた到来波の高分解能到来方向(DOA)推定が重要な技術となる.しかし,近傍波源に対しては入射波が球面波となることから,遠方界到来方向推定とは異なる受信信号モデルが必要となる.本論文では,近傍波源からの距離減衰がアレー内で一定であると仮定した近傍界DOA-Matrix法に着目し,到来波の距離減衰が波源位置推定精度に与える影響について検討を行った.計算機シミュレーションを通して,到来波が1波であれば,距離減衰がある場合でも近傍界DOA-Matrix法は波源位置推定が可能であることを確認した.更に近傍界DOA-Matrix法をSAGEアルゴリズムに導入し,到来波が2波であっても良好に動作することを示した.