TCPのふくそう制御機構に関する研究動向

長谷川 剛  村田 正幸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.5   pp.663-672
発行日: 2011/05/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 招待論文
専門分野: 
キーワード: 
Transmission Control Protocol (TCP),  ふくそう制御,  無線ネットワーク,  高速・広帯域ネットワーク,  

本文: FreePDF(421.3KB)


あらまし: 
Transmission Control Protocol (TCP)はインターネットにおいて最も頻繁に用いられるトランスポート層プロトコルであり,近年増加しているP2Pトラヒックや動画像ストリーミングなどのアプリケーションのほとんどが利用している.そのため,TCPの性能,特にふくそう制御機構がネットワーク性能に与えるインパクトは極めて大きい.本論文では,TCPのふくそう制御手法における近年の研究動向をまとめる.特に,無線ネットワーク環境や高速・広帯域ネットワーク環境など,従来のTCPが想定していなかったようなネットワーク環境における性能改善手法に着目する.