自己組織化省エネルギーネットワークMiDORiにおける 消費電力最適化のためのトポロジー計算手法

米津 遥  石井 大介  岡本 聡  大木 英司  山中 直明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.10   pp.1323-1331
発行日: 2011/10/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (スマートな社会を支えるインターネットアーキテクチャ論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
グリーンICT,  PCE,  トラヒックエンジニアリング,  GMPLS,  

本文: PDF(1.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,インターネットの普及に伴いトラヒック量及びネットワークの消費電力が増加していることにより,ネットワークの省電力化が重要な課題となっている.そこで,ネットワーク内のトラヒックを特定リンク上に集約し,未使用リンクの電源を落とすことによって省電力化を実現するMiDORiが提案されている.MiDORiネットワークでは,一定時間ごとにトラヒック量に応じて物理トポロジーの最適化を行うために,実用的な省電力トポロジーの計算手法が必要となる.そこで本論文では,元のトポロジーから一定数のリンクを削減するごとに,ネットワーク性能を維持可能なトポロジーを局所最適解として選択することで,省電力トポロジーを導出可能な計算手法を提案する.また,トラヒック集約により,1リンク当りのトラヒック負荷が高い省電力ネットワークにおける障害回復方式として,protection方式及びrestration方式を提案する.計算機シミュレーションにより,提案する省電力トポロジー計算手法の省電力効果・計算時間における有効性を示し,二つの障害回復方式を比較検討する.最後に,自律的なトポロジー最適化を可能とするMiDORiネットワークのプロトタイプシステムを紹介する.