予測MOSの平たん化に基づく符号化画質の改善法

吉田 俊之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J93-D   No.9   pp.1634-1637
発行日: 2010/09/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集レター (画像符号化・映像メディア処理レター特集)
専門分野: 画像符号化
キーワード: 
動画像符号化,  画質,  主観評価値,  MOS,  平たん化,  

本文: PDF(322KB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らは,動画像のシーンを対象として時空間のMOS予測値を最大化する符号化法を提案してきたが,CBR符号化のもとでは最大化後のMOSがシーン間で変動する問題が残されていた.本論文では,大容量バッファを利用してMOS予測値を平たん化する手法を提案し,H. 264符号化器に適用して有効性の検証を行う.バッファ量が十分であれば,同等の最低MOSを実現するためのビットレートは,平たん化なしの場合に比べて50%程度に削減可能との結果を得た.