複数視点画像からのテクスチャマッピングにおける模様の整合性の保存

飯山 将晃  坂口 尚樹  豊浦 正広  舩冨 卓哉  角所 考  美濃 導彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J93-D   No.8   pp.1439-1449
発行日: 2010/08/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 幾何学的解析・最適化
キーワード: 
テクスチャマッピング,  グラフカット,  多視点画像,  パッチモデル,  

本文: PDF(1.2MB)
>>論文を購入


あらまし: 
複数視点から物体を観測して得られた画像をその物体の三次元パッチモデルにマッピングする手法を提案する.三次元パッチモデルの各パッチに対して複数視点画像の中の一つを対応づける際,隣接するパッチ間で異なるテクスチャ画像を対応づけるとパッチの境界部分で不自然な模様が生成されてしまうことがある.提案手法では,不自然な模様を生じさせ得るパッチ間では同一の画像を対応づけ,不自然な模様を生じさせないパッチ間では異なる画像の対応付けを許容するようなエネルギー関数を定義し,これをグラフカットアルゴリズムを用いて最小化することによって不自然な模様を発生させないテクスチャマッピングを実現する.