複数ユーザインタラクションにおける外発的な盛り上がりの雰囲気の判定方法と影響の検討

大本 義正  三宅 峰  西田 豊明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J93-D   No.6   pp.870-878
発行日: 2010/06/01
Online ISSN: 1881-0225
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (情報爆発論文特集)
専門分野: ヒューマンコンピュータインタラクション
キーワード: 
会話エージェント,  生理指標,  盛り上がり,  

本文: PDF(181.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
複数ユーザインタラクションでは,会話エージェントシステム(ECA)は複数のユーザの心的状態を個別に認識する必要がある.また,人間の心的状態は,周囲の場の雰囲気から影響を受けることによって外発的に変化することも考えられる.生理指標を使うと個々のユーザの心的状態をある程度識別できるが,ECAに利用するのは実用的ではない.本研究では,視覚情報だけからユーザの内発的な心的状態の一部である盛り上がりと外発的な盛り上がりを生理指標と同程度に読取りが可能かどうかを明らかにするための実験を行った.その結果,いずれも簡単な動き検出のしきい値を変えることによって検出可能であることが分かった.これにより,視覚的な指標だけから盛り上がりが検出できることが分かった.一方,外発的な盛り上がりの検出はかなりしきい値を下げる必要があることも確認された.本知見に基づき,盛り上がり検出アルゴリズムについて議論した.