輝度分布の方向ベクトル情報を用いたMRA画像からの脳動脈瘤の検出

青山 正人  楠 卓也  椋木 雅之  浅田 尚紀  米田 洋介  沖川 隆志  浦田 譲治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J93-D   No.2   pp.139-147
発行日: 2010/02/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 生体工学
キーワード: 
MRA画像,  脳動脈瘤,  コンピュータ支援診断,  方向ベクトル,  輝度分布,  

本文: PDF(661.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
従来の脳動脈瘤検出支援に関する研究では,動脈瘤を球状の領域とモデル化し,形状特徴を利用するものがほとんどであったが,実際には様々な形状のものが見られるため,多様な形状の動脈瘤を検出できる手法が必要である.そこで本論文では,脳血管の輝度分布から計算した方向ベクトル情報を用いて,動脈瘤が血管から瘤状に突出した終端をもつという構造特徴を用いた脳動脈瘤の検出手法を提案する.2 mm以上の動脈瘤32個を含む24症例と動脈瘤なし26症例の計50症例に本手法を適用した結果,動脈瘤の検出感度100%のとき症例当りの平均偽陽性数4.5個,3特徴を用いた線形判別法による偽陽性除去の結果,97%のとき1.5個という結果が得られた.