AnTオペレーティングシステムにおける高速なサーバプログラム間通信機構の実現と評価

岡本 幸大  谷口 秀夫  
(システム開発論文)

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J93-D   No.10   pp.1977-1989
発行日: 2010/10/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (システム開発論文特集)
専門分野: オペレーティングシステム
キーワード: 
オペレーティングシステム,  マイクロカーネル,  プロセス間通信,  OSサーバ,  評価,  

本文: PDF(866.7KB)
>>論文を購入


あらまし: 
マイクロカーネル構造のオペレーティングシステムは,高い適応性と堅牢性の実現を可能にする.しかし,OS機能の大半をOSサーバとして実現するため,OS処理の際にOSサーバ間の処理連携が多発し,性能が低下してしまう.そこで,この性能低下を抑えるための高速なプログラム間通信機構が求められる.ここでは,高速な通信制御,授受データの保護,及び利用に合わせたインタフェース提供を特徴としたサーバプログラム間通信機構を提案する.具体的には,マイクロカーネル構造を有するAnTオペレーティングシステムについて,機構の設計を述べる.また,基本性能,データ保護機能のオーバヘッド,及び直接返却機能の有効性の観点から評価する.更に,マイクロカーネルOSであるMINIXとAnTの比較を行う.