一次元フォトニック結晶結合共振器型光導波路の曲げ特性並びに結合特性評価

川口 雄揮  齊藤 晋聖  小柴 正則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J93-C   No.7   pp.224-230
公開日: 2010/07/01
Online ISSN: 1881-0217
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
結合共振器型光導波路,  フォトニック結晶導波路,  有限要素法,  

本文: PDF(554.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
一次元フォトニック結晶結合共振器型光導波路(1-D PC-CROW)は,低群速度や製造が容易であるという特徴を有していることから,超小型光波回路構成のための基本素子として注目されている.こうした1-D PC-CROWを用いて実際に光デバイスを構成する際には,導波路曲がりや結合器が必要となるが,これまで,これらの曲げ特性や結合特性に関する評価は行われていない.そこで本論文では,有限要素法に基づく数値解析によってこうした諸特性を明らかにする.導波路曲がりを構成するパラメータを変化させた場合の透過特性を調べることにより,高い透過率が得られる1-D PC-CROWの曲げ導波路構造の探索を行う.更に,1-D PC-CROWに基づく結合器についても検討を行い,3 dB方向性結合器の設計方法を示す.