異方性弾性体の完全整合層に関する考察

嶋田 賢男  長谷川 弘治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J93-C   No.7   pp.215-223
公開日: 2010/07/01
Online ISSN: 1881-0217
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
完全整合層,  吸収境界条件,  異方性弾性体,  弾性波,  周波数領域,  

本文: PDF(259.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
弾性波を吸収する完全整合層(PML)の周波数領域における材料定数の検討を行っている.本論文では,座標系に依存しない微分形式を用いて導いた応力テンソル,粒子変位ベクトルの成分の変換規則と,更にテンソル成分の商規則を用いる方法と,analytic continuationから,実空間の材料定数を導出している.この結果,従来用いられてきたPML用の実空間材料定数は,微分並びに積分計算が実座標で行えるが,複素空間の応力テンソルと複素空間の粒子変位ベクトルの関係式を与える特殊なものであることを明らかにしている.また今回導出したPML材料定数の妥当性を確認するために,等方性弾性体とそのPML材料との2媒質境界に入射する平面波の二次元散乱問題を解析的に調べ,本材料が完全整合層となることを示している.