刺入性の優れた終端開放同軸プローブによる半固体状媒質の複素誘電率測定

道山 哲幸  二川 佳央  鍬野 秀三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J93-C   No.5   pp.167-174
公開日: 2010/05/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 電子材料
キーワード: 
終端開放同軸,  複素比誘電率,  先端形状,  斜め切削,  半固体媒質,  

本文: PDF(771.6KB)
>>論文を購入


あらまし: 
5 GHz以下のマイクロ波領域における材料の複素比誘電率測定を行うために,刺入性に優れ,かつ測定が簡易な終端開放同軸プローブの開発をした.特に生体軟部組織や食品などの半固体媒質内部に刺入して複素比誘電率を測定するための開放端形状として,先端を傾斜状に切削加工したobliquely cut probe (OCP)を試作した.OCPを用いて純度99.5%のエタノールに対する複素比誘電率測定を行い,温度依存性についても検討を加えた.その結果,Debye緩和式をもとに得られた理論値に対する差異は25°Cから40°Cで5%以下となった.更に半固体の食材として,牛肉及び豚肉に対して複素比誘電率を求めた.従来の終端開放同軸プローブを用いて得られた結果と比較し,差異は10%程度となった.測定試料内部の測定に対してOCPによる測定の有効性が確認された.