ドップラー速度と航跡を照合するクラッタ環境向け目標追尾開始方式

小幡 康  前川 良二  亀田 洋志  系 正義  小菅 義夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.2   pp.367-378
発行日: 2010/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (通信の未来を担う学生論文特集)
専門分野: 航行・誘導・制御方式
キーワード: 
追尾フィルタ,  ドップラー速度,  追尾開始,  MHT,  相関判定,  

本文: FreePDF(988.1KB)


あらまし: 
レーダを用いたクラッタ環境下の目標追尾開始では,目標航跡とクラッタの誤相関により誤航跡が発生し,レーダの電力資源を浪費する.本論文ではこの問題を解決するためドップラー速度情報を用いた誤相関の抑圧を試みる.低PRF (Pulse Repetition Frequency)の捜索レーダの場合,ドップラー速度の観測値は折返しにより目標航跡と観測値の照合が困難となるが,本論文では目標航跡の予測値と観測値の双方を補正して照合する予測値照合方式を提案する.また更にその相関性能を高めるために,目標航跡の平滑値と観測値の照合を行う平滑値照合方式を提案する.性能評価シミュレーションにより,提案方式の誤航跡抑圧の効果と,折返し幅が狭い場合における平滑値照合方式の有効性を示す.