アドホックネットワーククラスタリングにおける隣接ノード数に基づく適応型電力制御法

小田 亮太郎  日高 大輔  大田 知行  角田 良明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.2   pp.211-229
発行日: 2010/02/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (通信の未来を担う学生論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
アドホックネットワーク,  送信電力制御,  自律分散クラスタリング,  Hi-AODV,  

本文: PDF(804.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,携帯電話やPDA,ノートパソコンなどの無線通信機器を搭載したモバイル端末が広く普及しており,アドホックネットワークが注目されている.アドホックネットワークではノードの移動により,ノードの分布密度やネットワークトポロジーが頻繁に変化する.ノードの分布密度が一様でない場合,すべてのノードが一定の送信電力で通信を行うことは非効率的であり,消費電力の増加や電波干渉を引き起こすと考えられる.本論文では,隣接ノード数に基づく適応型電力制御法を提案する.提案方式は,自律分散クラスタリングを用いることで隣接ノードとの距離を測定する.そして電波の送信範囲内のノードが一定個数以下となるように自身の送信電力を制御する手法である.また,シミュレーション実験により提案方式の評価を行う.