アドレス空間特性を適用した匿名化トレースデータによるネットワーク性能評価法

田路 祐介   阿多 信吾   岡 育生   

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.1   pp.32-42
発行日: 2010/01/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: インターネット
キーワード: 
接頭辞保存匿名化 ,  トラヒック分析 ,  ルータ ,  最長一致検索 ,  性能評価 ,  

本文: PDF(638.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
アドレス検索技術の性能評価は評価対象となるネットワークの経路表と実トラヒックの両方を用いて行うことが重要である.しかしパブリックドメインのトラヒックデータは匿名化されて公開されており直接用いることができない.そのため従来は小規模ネットワーク上の短期間のトレースデータやランダム生成などの擬似トラヒックによるシミュレーションでの評価のみであり,場合によっては実トラヒックによる性能値と大きく異なってしまう.そこで本論文ではより実環境に近い性能評価を実現するため,匿名化されたトラヒックデータを用いた新しいルータ性能評価手法を提案する.ここでは,実トラヒックのデータと経路表のアドレス空間における分布の相関性について分析する.その相関性より,匿名化されたアドレス列をより実トラヒックに近い形に再構築する.更にトレース駆動型シミュレーションを用いた性能評価により,提案手法で生成したトラヒックが他のモデルトラヒックよりも実トラヒックによる性能値に近い結果を得ることができることを示す.