レーダによる単一目標追尾法の現状と将来

小菅 義夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.11   pp.1504-1511
発行日: 2010/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 解説論文
専門分野: 
キーワード: 
追尾フィルタ,  レーダ,  α-βフィルタ,  カルマンフィルタ,  

本文: FreePDF(263.1KB)


あらまし: 
追尾フィルタは,センサから得られる観測誤差を含んだ航空機などからの目標位置観測値をもとに,目標の位置,速度などの真値を推定するアルゴリズムである.追尾フィルタの代表例は,線形最小二乗フィルタ,α-βフィルタ,等速直線運動モデルを使用したカルマンフィルタである.本論文では,これら各種追尾フィルタについて概説する.また,設計パラメータが所要追尾性能より直接決定できる,新たな追尾手法であるNPフィルタについて述べる.