一般化オーロラトモグラフィ法によるオーロラ降下電子の再構成

田中 良昌  麻生 武彦  ビヨルン グスタフソン  田邉 國士  門倉 昭  小川 泰信  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J93-A   No.2   pp.136-145
発行日: 2010/02/01
Online ISSN: 1881-0195
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 画像
キーワード: 
オーロラ,  コンピュータトモグラフィ,  ベイズモデル,  逆問題,  

本文: PDF(892.7KB)
>>論文を購入


あらまし: 
オーロラトモグラフィ(Aurora Computed Tomography)は,オーロラ多点観測網により撮影された複数のオーロラ単色光画像に対してコンピュータトモグラフィ法を応用し,オーロラの三次元空間構造を復元する手法である.本論文では,このオーロラトモグラフィを更に発展させた手法である一般化オーロラトモグラフィ(Generalized-Aurora Computed Tomography)を提案する.この手法は,多点オーロラ単色光画像に加えて,非干渉散乱レーダ観測による電離圏電子密度やイメージングリオメータ観測による銀河電波吸収等の複数の異種データを組み合わせて,オーロラを引き起こす入射電子のエネルギー・空間分布を再構成することを目的としている.ここでは,特に,一般化オーロラトモグラフィの基本概念を述べ,数値シミュレーションによりこの手法の可能性を示す.