Tender オペレーティングシステムにおけるヘテロ仮想記憶(HVS)の実現と評価

田端 利宏  谷口 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J92-D   No.1   pp.12-24
発行日: 2009/01/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: システムプログラム
キーワード: 
仮想記憶,  プロセス生成,  プロセス移動,  プロセス間通信,  オペレーティングシステム,  

本文: PDF(329.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,複数プロセスの実行における多重仮想記憶の問題点を解決するために実現したヘテロ仮想記憶について述べる.ヘテロ仮想記憶とは,多重仮想記憶を拡張し,一つの仮想記憶空間内に0個以上のプロセスが存在できる機能,プロセスが仮想記憶空間間を移動できる機能,及び任意の仮想記憶空間にプロセスを生成できる機能を実現したものである.また,ヘテロ仮想記憶を,多重仮想記憶機構をもつTender オペレーティングシステムに実現する手法について述べる.最後に,Tender 上で,HVSの有効事例を明らかにするために行ったOS機能の評価結果,及びApache Webサーバでヘテロ仮想記憶の機能を利用するための実装方式とその評価結果について述べる.評価の結果,ヘテロ仮想記憶の機能を活用することで,Webサーバの応答時間を1%~6%程度短縮できることを確認した.