Auction Network Trust:電子商取引ネットワークにおけるユーザ間の関係を利用した評判メカニズム

小林 真雄  安藤 哲志  伊藤 孝行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J92-D   No.11   pp.1869-1880
発行日: 2009/11/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: メカニズムデザイン
キーワード: 
インターネットオークション,  ネットワーク解析,  評判システム,  評価指標,  

本文: PDF(357.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
インターネットオークションは,ネットワーク上だけでなく,実世界の商取引の手法としても重要性を増している.多くの商取引がネット上で行われるようになってきたため,ネットワーク上のユーザの評判や信用を測定したいという社会的ニーズが増加している.そのため,評判メカニズム(reputation mechanism)が広く研究され,実際に応用されている.最も広く普及している評判メカニズムは,極めて単純なスコアリングに基づくメカニズムである.ここでは,ユーザは,行われた取引に対するフィードバックとして,単純なスコアを相手に与える.単純なスコアでは,-1,0,1や,0~5などの数値が使われている.そして,個々の取引に関するスコアが,ユーザごとに合計され,スコアの合計値がそのユーザの「信頼」を表すことになっている.単純なスコアリングメカニズムの問題点は以下のとおりである.第1に,スコアを合計する計算自体が,重要な情報を失っている場合や,内包され現れていない可能性がある.第2に,商取引では,良い買い手が良い売り手と取引を継続的に行うというような関係があると考えられる.それにもかかわらず,単純なスコアは,ユーザ間の関係を表すような計算(例えば,伝搬など)はしていない.一方,ウェブサイトの評判メカニズムと考えられるPageRankやHITSというアルゴリズムは,ページ間のリンク関係を利用し,値の伝搬を行うことで,各ページの重み(評判)を求めている.本論文では,商取引ネットワークで,ユーザの信用を計るための方式として,ANT(Auction Network Trust)アルゴリズムを提案する.特にANT(HITS),t-ANT,r-ANT,m-ANT,d-ANTと呼ぶ五つのANTアルゴリズムを提案する.本論文の目的は,各ANTアルゴリズムを実データ(Yahoo! Auctions, Japan)に応用することで,各ANTアルゴリズムの特徴を明らかにし,実験を通して得られた知見を示すことである.