小型電磁界プローブを用いたマイクロ波平面回路上の近傍電磁界測定

高倉 義規  陳 春平  穴田 哲夫  馬 哲旺  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J92-C   No.12   pp.818-822
公開日: 2009/12/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: ショートノート
専門分野: 
キーワード: 
電界プローブ,  磁界プローブ,  電磁界測定,  マイクロ波平面回路,  

本文: PDF(828.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
微小ループアンテナ型磁界プローブと同軸型電界プローブによるマイクロ波平面回路上の電磁界分布の測定について検討した.その電磁界の測定からマイクロストリップ線路(MSL)の実効誘電率を算出した.特に磁界プローブは,電気的に対称な特性を保持するためにコプレーナ線路(CPW)構造によるテーパー遷移部を介して微小ループアンテナとの整合をとり,またエアブリッジを付加することで,CPWの不要伝送モードによる電磁界の乱れや不要共振を抑圧している.筆者等が作製した電磁界プローブを用いて,マイクロ波平面回路上の電磁界自動測定システムを構築し,1回のDUT上の二次元走査により,出力信号をVNAによって検出し,10 GHz帯までの電磁界分布の周波数特性を測定できることを示した.