ホームネットワークのためのセンサ連携を支援するイベント駆動フレームワーク

松浦 知子  田頭 茂明  北須賀 輝明  中西 恒夫  福田 晃  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J92-B   No.7   pp.1050-1060
発行日: 2009/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (システム開発・ソフトウェア開発論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
ホームネットワーク,  コンテクストアウェアネス,  イベント検出,  イベント駆動フレームワーク,  

本文: PDF(635KB)
>>論文を購入


あらまし: 
通信機能を有する家電製品を接続してホームネットワークを形成し,実世界の情報に応じた処理を行うコンテクストアウェアネス技術の実現が望まれている.コンテクストアウェアアプリケーションでは,センサの測定データに現れるイベントをサービスの開始,変更,終了の契機とするために,それらのイベントを検出することが重要である.本論文では,ホームネットワーク上に分散しているセンサを利用して,コンテクストアウェアネス実現に必要なイベントを効率的に検出するフレームワークを提案する.具体的には,多様なセンサを抽象化し,センサを利用するアプリケーションに対して統一的なインタフェースを提供する.また,分散する複数のセンサをイベント駆動で連携させて,それらのセンサに関係する複合したイベントを効率良く検出する仕組みも提供する.これにより,アプリケーション開発者の負担を軽減し,ホームネットワーク上のセンサを連携するために必要な通信量を削減する.また,本フレームワークにのっとったセンサによるイベント通知機能の実現法の一例としてUPnP(Universal Plug and Play)を利用した実装結果を示し,効率良くイベントの検出が可能となることを確認する.