アドホックユビキタス通信環境向きデータ駆動ネットワーキングシステム

西川 博昭  冨安 洋史  青木 一浩  水野 修  末田 欣子  チャウ チーオン  宇津 圭祐  石井 啓之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J92-B   No.7   pp.1003-1014
発行日: 2009/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (システム開発・ソフトウェア開発論文特集)
専門分野: 交換
キーワード: 
データ駆動プロセッサ,  マルチプロセッサ,  ユビキタス通信,  アドホックネットワーク,  情報発見,  

本文: PDF(726.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
筆者らは,大規模なインフラ設備を必要とせず,いつでもどこでも情報通信サービスにアクセスできる,アドホックユビキタス通信環境の実現を目指して,データ駆動ネットワーキングシステムの研究開発プロジェクトを推進している.本論文ではまず,アドホックユビキタス通信環境に対する三つの要求条件を示す.第1の要件として,ユビキタス環境におけるコミュニティ情報を活用した目的ノード発見方式の必要性とその実現法を論じ,問合せパケット数の削減効果を示す.続いて,第2の要件である,アドホックネットワークにおける品質保持型情報転送方式として,マルチポイント・ポイント情報転送方式の提案とその実現法を述べ,品質劣化を抑制できることを明らかにする.更に,第3要件として,VLSI試作したデータ駆動ネットワーキングプロセッサCUE-v3について概要を示すとともに,アドホックユビキタス通信環境の各種処理のオフローディング方式を検討し,一次評価のために,上記アドホックユビキタス機能実現に必須な基本機能であるUDP/IPをオフロードし,多重処理性により複数パケットの処理を1パケットのヘッダ処理時間に極小化が可能であることを示す.