アドホックネットワークにおけるAAAを用いた高効率空間利用メディアアクセス制御方式

坂口 智文  神谷 幸宏  梅林 健太  鈴木 康夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J92-B   No.1   pp.79-87
発行日: 2009/01/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (通信技術の未来を拓く学生論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
アドホックネットワーク,  アダプティブアレーアンテナ,  事前与干渉回避法,  MACプロトコル,  

本文: PDF(564.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来のアドホックネットワークにおけるメディアアクセス制御(MAC)方式では,無指向性アンテナの使用を前提としており,同一通信範囲内の通信端末を1端末のみに限定してしまっている.これに対し,アダプティブアレーアンテナ(AAA)は,ディジタル信号処理により指向性を適応的に制御することのできるアンテナであり,これを利用することで,端末を空間的に分離し複数端末の同時通信を実現できる.しかし,AAAをアドホックネットワークに単に適用するだけでは,AAAの性能を十分に生かしきれないばかりか,新たな問題を生んでしまうこととなる.そこで本論文では,アドホックネットワークに適したAAA制御方法とともに,その性能を十分に生かすための新しいMAC方式であるDual Channel FIA MACの提案を行う.本提案は,通信可否の決定基準にキャリヤセンス(CS)ではなく,事前与干渉回避法であるFIA(Forward Interference Avoidance)を用いることが特徴的である.これにより,通信路が使用中でも既存通信に干渉を与えなければ新規通信を開始できるようになり,通信失敗率を低下させると同時に,スループットを向上させることができる.