適応量子化マトリックス選択方式を用いた動画像符号化

谷沢 昭行  中條 健  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D   No.11   pp.2647-2658
発行日: 2008/11/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像・映像処理
キーワード: 
H. 264,  量子化スケーリングリスト,  量子化マトリックス,  レートひずみ最適化,  

本文: PDF(854.5KB)
>>論文を購入


あらまし: 
量子化スケーリングリスト(量子化マトリックス)をモデル化し,モデル化したパラメータを用いて設計した量子化スケーリングリストとあらかじめ定めた量子化スケーリングリストを,マクロブロックごとに選択できるように拡張した手法を提案する.本方式では,符号量を削減するために量子化スケーリングリストを一次関数によってモデル化する.モデル化されたパラメータを用いて仮符号化を行い,算出した符号量と符号化ひずみから,符号化画像に適したパラメータを推定して量子化スケーリングリストを設計する.更に設計した量子化スケーリングリストと,全周波数成分を均等に量子化するフラットな量子化スケーリングリストのうち,マクロブロックごとにレートひずみ基準のもとで最適な方を選択する.モデル化されたパラメータはスライスごとに,どちらの量子化スケーリングリストが使用されたかを示す情報はマクロブロックごとに符号化列に記述する.提案方式を用いることにより,H. 264/MPEG-4 AVC High Profileと比較して,同一PSNRでビットレートが最大10%削減されることを実験結果を通して確認している.