VR環境における運動想起を用いたBCIシステムの構築とCSPによる被験者の訓練負担軽減に関する研究

藤澤 順也  唐山 英明  廣瀬 通孝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J91-D   No.11   pp.2616-2623
発行日: 2008/11/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: ヒューマンコンピュータインタラクション
キーワード: 
ブレインコンピュータインタフェース,  運動想起,  脳波,  バーチャルリアリティ,  被験者訓練,  

本文: PDF(866.1KB)
>>論文を購入


あらまし: 
計測手法としてEEG(electroencephalogram:脳波)を採用した,運動想起を用いたBCI(Brain-Computer Interface)システムを開発した.従来のBCIシステムはその低信頼性とビットレートの低さから主にコンピュータスクリーン上での制御が行われてきたという問題点を挙げ,実世界でのアプリケーション構築の架け橋として,より実世界に近い環境のVR空間でBCIシステムが構築できるかを検証した.右手・左手の運動想起時の脳波は単試行で判別され,3人の被験者で平均80%程度の正答率が得られ,実物体制御への動機付けとでき得る結果が得られた.また,被験者の訓練の負担軽減の考察を行った.訓練されていない被験者に対し,正答率の向上・訓練負担軽減が可能であることをCommon Spatial Patternで抽出された空間パターンとSN比の推定であるr2の分布を比較することにより示すことができた.