CPW 1/4波長共振器を用いたインタディジタル形高温超伝導帯域通過フィルタの製作及び評価

小泉 大輔  河合 邦浩  佐藤 圭  楢橋 祥一  馬 哲旺  小林 禧夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J91-C   No.6   pp.341-348
公開日: 2008/06/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
高温超伝導体,  帯域通過フィルタ,  コプレーナ線路,  1/4波長共振器,  マイクロ波,  

本文: PDF(815.6KB)
>>論文を購入


あらまし: 
高温超伝導フィルタは,誘電体フィルタに比べて低挿入損,高周波数選択度を同時に達成できるため,移動通信基地局用フィルタを高性能化する手段として極めて有効である.本論文では,先に提案した5 GHz帯5段インタディジタル形帯域通過フィルタの設計に基づいてフィルタを高い精度で製作する方法について述べるとともに,実用上重要なスプリアス特性及び温度依存性について論じている.提案した製作方法は設計の最小単位10 μmに対して十分な ± 2 μmの加工精度を達成している.また,最も低い周波数のスプリアスが期待しない地導体部分の電流分布により10 GHz付近に発生してしまうこと,高温超伝導薄膜のカイネティックインダクタンスを導入してフィルタ特性の温度依存性から高温超伝導薄膜の材料パラメータを推定できること,及び,動作温度を適切に制御することでその中心周波数を6 MHzの範囲でシフト可能であることを明らかにしている.