900 MHz帯セルラシステムにおける不法電波監視のための到来方向特定システム

中野 雅之  佐藤 幸雄  宮本 健宏  市毛 弘一  新井 宏之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.5   pp.605-616
発行日: 2008/05/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
電波監視,  携帯電話,  到来方向推定,  アレーアンテナ,  MUSIC法,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,アンテナ技術,到来方向推定技術に加え,ディジタル信号処理技術を組み合わせて実現した900 MHz帯セルラシステムにおける不法電波監視のための到来方向特定システムを紹介する.近年,不法中継器などから放射されるスプリアスによって,携帯電話システム及びその近隣の無線通信システムへの電波障害が顕著となっている.これらの問題に対処するために,より精度が高く,短時間で解決できる電波の発信源の探索が重要となっており,その目的を実現する電波到来方向特定システムを開発した.このシステムはアダプティブアレーアンテナとディジタル信号処理による高分解能推定アルゴリズムの採用と新たなキャリブレーション方式を用いて,実用的な方向推定精度を保ちつつ小型化を実現及び探索時間において効率化を実現するものである.更に,ポータブル装置として使用できるようハードウェアの小型化・低消費電力化を図り,機動性を高め,マン・マシンインタフェースも向上させている.本論文では,提案するシステム,屋内実験結果,屋外での実用例などを紹介する.