ダイレクトコンバージョン受信機の適応切換DCオフセットキャンセラ方式の検証

爲末 和彦  森屋 正弘  佐藤 拓朗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.4   pp.457-466
発行日: 2008/04/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
ダイレクトコンバージョン,  DCオフセット,  ひずみ,  ディジタルベースバンド,  GSM,  

本文: PDF(1MB)
>>論文を購入


あらまし: 
ダイレクトコンバージョン受信機は,搬送波と同一周波数の局部発振周波数(Local Frequency)を混合してベースバンド信号を復調する方式である.ヘテロダイン受信機と比較して,イメージ除去BPF(Band Pass Filter)及びIF(Intermediate Frequency)処理の不要化により,低消費化・小型化・低コスト化を実現することができる.しかし,ダイレクトコンバージョン受信機は,ミクサ入力における局部発振器(Local Oscillator)と信号パス間のリークや強いレベルの外部干渉波によって生ずる自己混合波により,受信信号のDCレベルをひずませることが明らかになっている.DCオフセットひずみの極小化は,高い受信品質が要求される移動体通信システムの移動機において,ダイレクトコンバージョン方式を適用する上で重要な課題である.本論文では実証検証からDCオフセットの原因を分析し,併せてディジタルベースバンドの受信シンボル系列によるバースト内の推定ひずみに応じた適応的切換によるDCオフセット補償方法を提案する.更に,GSM(Global System for Mobile communications)移動通信システムの計算機シミュレーションの結果から,単一バーストの平均振幅から補償値を算出する方法と比較して,提案方式では高速フェージングと静的DCオフセットの条件下ではビット誤り率 5.2 × 10-2 で0.15 dB,高速フェージングとバースト内の時変動性DCオフセット条件下ではビット誤り率 5.2 × 10-2 で0.7 dB以上の改善を示した.