適応フィルタによるガードバンドの外挿処理を施したOFDM用周波数領域伝搬路推定法

池田 裕司  吉田 晴人  平 明徳  前原 文明  高畑 文雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.4   pp.450-456
発行日: 2008/04/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
OFDM,  周波数領域伝搬路推定,  窓関数処理,  ガードバンド,  適応フィルタ,  

本文: PDF(809.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
OFDM伝送を対象とした伝搬路推定法として,その精度を向上するために,周波数領域の推定値をIFFTによりインパルス応答に変換し,窓関数処理により希望信号部分のみを抽出する推定法がある.ところが,ガードバンドが存在する一般のOFDM伝送に本推定法を適用する場合,インパルス応答を正確に推定できず,推定特性が著しく劣化する問題がある.本論文では,窓関数を用いた伝搬路推定法について,ガードバンドが存在する場合に,欠落したガードバンド部分の周波数応答をRLSアルゴリズムに基づく適応フィルタにより外挿し,新たに得られた全サブキャリヤの周波数領域の推定値に対して窓関数処理を適用する方式を提案し,その特性を従来の周波数領域の伝搬路推定法と時間領域において最小二乗法を適用した伝搬路推定法を比較対象として,計算機シミュレーションにより評価する.