DiffServ領域におけるend-to-endの確定的遅延上界に関する研究

中村 博貴  中川 健治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.4   pp.440-449
発行日: 2008/04/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
DiffServ,  確定的遅延上界,  トークンバケット,  

本文: PDF(330.1KB)
>>論文を購入


あらまし: 
インターネットにおいて通信の品質(Quality of Service)が近年重要な課題となっている.リアルタイムアプリケーションにとってネットワークにおける端末間遅延はQoSにおける重要な要素である.本論文では,IPネットワークのDiffServ(Differentiated Service)領域における端末間パケット遅延時間の確定的な上界を求めることを目的とする.従来の遅延上界の導出として,フローの多重ノードや具体的なトラヒック量などの細かなフロー情報を利用した方式と,細かなフロー情報を利用しない方式とがある.本論文では,それぞれの場合に対する,新たな遅延上界導出法を提案する.そして,様々な条件において提案法と従来法を比較し,提案法が精度の良い上界であることを示す.