オフセット補正機能を用いたネットワーク長期時刻比較

岩間 司  町澤 朗彦  鳥山 裕史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.4   pp.407-414
発行日: 2008/04/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ネットワークソフトウェア論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
NTP,  ネットワーク時刻比較,  片方向遅延時間,  抽出データ法,  オフセット補正機能,  

本文: PDF(818.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,情報の電子化の進展に伴い,正確で手軽な時刻の配信技術や時刻同期技術の実用化が進められている.タイムビジネス認定制度では遠隔地の原子時計との時刻比較にはGPS (Global Positioning System)コモンビュー方式のみが定められているが,データの更新頻度は1日に1回であるため原子時計の時刻変動に直ちに対応することができない.これまで,高精度なハードウェアNTP (Network Time Protocol)処理系と統計的なデータ処理を行うことで遠隔地の原子時計とほぼリアルタイムで高精度な時刻比較を行う抽出データ法について報告した.抽出データ法を用いて長期間安定した原子時計の運用を行うためには,ネットワークの状態変化に対応するための対策が必要である.そこで本論文では,ネットワークの状態の変化を解析し状態変化に対応するオフセット補正機能を開発した.更に抽出データ法にネットワークの状態変化に対応するオフセット補正機能を追加することにより,遠隔地の原子時計を実用上問題なく長期間にわたって運用できることを示した.