ユーザの利便性を考慮したネットワークエミュレータの開発と評価

近堂 徹  前田 香織  石野 正英  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.4   pp.388-396
発行日: 2008/04/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ネットワークソフトウェア論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
ネットワークエミュレータ,  ユーザランド実装,  ユーザ利便性,  ストリーム伝送,  

本文: PDF(552.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
ベストエフォート型のインターネットでは,通信品質の変化が上位レイヤのアプリケーションの品質に影響を与える.ゆえに,ストリームアプリケーションを広域インターネット上で展開しようとする場合,通信品質に対するアプリケーションの振舞いをあらかじめ検証できることが望ましい.しかしながら,フリーウェアで利用可能なネットワークエミュレータの多くは,精度向上を目的にカーネルレベルで実装され,利用者に特別な知識や煩雑なセットアップ作業を要求する.本論文では,これを解決するためのユーザランドで実現するネットワークエミュレータの開発について述べ,性能面及び機能面の両側面から有効性について検証する.実利用に即した性能評価を通して,従来のカーネルレベルのエミュレータと同等の性能をもちながら利便性を向上させたユーザランドネットワークエミュレータが実現できることを示す.