非対称ワイヤレスマルチホップアクセスネットワークにおける下りデータ転送効率向上のためのノンコンテンションデータ転送方式

西井 龍五  撫中 達司  寺島 美昭  萬代 雅希  渡辺 尚  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.4   pp.373-387
発行日: 2008/04/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ネットワークソフトウェア論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
非対称ワイヤレスマルチホップアクセスネットワーク,  ノンコンテンションデータ転送方式,  802.11DCF,  下りデータスループット,  バースト転送,  

本文: PDF(897.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
ワイヤレスマルチホップネットワークでは,端末のアクセス数の増加やホップ数の増加に伴い,著しくスループットが低下する問題点がある.我々は,この問題を解決するために,IEEE802.11をベースとしたAsymmetric Wireless Multi-hop Access Network(以下AWiMA Net)を提案している.AWiMA Netではアクセスポイント(以下AP)と携帯端末(以下端末)の通信を上りリンク配信区間と下りリンク配信区間に分離するノンコンテンションデータ転送方式によってデータパケットのふくそうを抑止する.更に下りリンク配信区間においてAPの信号出力を高めAPから端末へは1ホップでデータ送信を行いAPのサービス領域の拡大とスループット向上を行っている.本論文ではAWiMA Netに対するシミュレーションによって得られたスループットの特性評価を行った上で,ネットワークのスループット向上のための下りデータのバースト転送による高速化を提案する.シミュレーションにより提案方式を評価した結果,端末からAPへのデータ配信の要求間隔と,上りリンク配信区間と下りリンク配信区間で構成するサイクルタイム長の設定を適切に行うことで,提案方式によるスループットが3倍から4倍向上することを確認した.