MANETプロトコルの仕様適合性試験のための状態遷移図縮退手法

小島 英春  大田 知行  角田 良明  高橋 寿一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.4   pp.353-363
発行日: 2008/04/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ネットワークソフトウェア論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
状態遷移図,  モバイルアドホックネットワーク,  仕様適合性試験,  クラスタリング,  プロトコル試験,  

本文: PDF(514.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
ソフトウェアの実装において,実装されたソフトウェアが仕様に適合しているかどうかを確認するために,仕様適合性試験がある.ネットワークプロトコルもソフトウェアであるため,仕様適合性試験を行い,実装されたプロトコルが仕様に適合しているかどうかを確認する必要がある.しかし,固定ネットワークと異なり,モバイルアドホックネットワークでは,ノードの移動により,隣接ノードが変化する.このようなプロトコルの仕様適合性試験を行うには,隣接ノード数の増加により,試験系列が爆発的に増加してしまう.本論文では,MANETプロトコルを表す状態遷移図を隣接ノード数の増加の影響を減少させる状態遷移図に再定義し,状態及び遷移を縮退させる手法を提案する.また,再定義しない状態遷移図を再定義した状態遷移図と比較することにより,提案手法の有効性を示す.