センサネットワークにおける測定データの変化を考慮した経路制御法

三角 拓也  茶木 悠紀子  朝香 卓也  高橋 達郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.12   pp.1746-1749
発行日: 2008/12/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
センサネットワーク,  経路制御,  

本文: PDF(232.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
センサネットワークではバッテリー駆動するセンサノードの消費電力を小さくする必要がある.センサネットワークでの測定対象には,温度や湿度など隣接したノードの測定データが近い値となるものや,測定した時刻が近いほどデータが近い値となるものが存在する.本論文では,それらのデータの時間的な相関に着目し,通信回数を削減することで省消費電力を実現する経路制御法を提案する.