後ろ向き予測を用いた低S/N目標の追尾開始

小幡 康  前川 良二  亀田 洋志  系 正義  小菅 義夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J91-B   No.11   pp.1502-1511
発行日: 2008/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 航行・誘導・制御方式
キーワード: 
追尾フィルタ,  S/N目標,  追尾開始,  MHT,  

本文: PDF(680KB)>>
論文を購入




あらまし: 
S/N環境におけるレーダによる目標追尾では,探知抜けが原因で追尾開始性能が大幅に劣化する.この問題を解決するためにレーダの検出しきい値を下げて目標の探知確率を確保すると誤警報が多数発生し,追尾の誤りや誤航跡が多発する.本論文では相関決定の基本アルゴリズムとして航跡型MHT(Multiple Hypothesis Tracking)を適用し,信号の位置情報に加えて信号強度情報を用いた仮説信頼度計算と後ろ向き予測による信号検出しきい値の制御により,誤航跡発生の抑制と目標航跡の抽出性能の向上を試みる.また性能評価シミュレーションにより,従来の航跡型MHTよりも目標航跡の開始距離を短縮することなく誤航跡の削減が達成されることを示す.